読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシログ

楽しい事×役に立つ事×健康の事×稼ぐ事

行動できない人の行動できない理由

心理学

スポンサーリンク

どうもヨシです。

 

今日から"行動できない人が行動できる心理学シリーズ(その1)"を始めます。

 

1回目は、

行動したくなる人になるために、

どのいう手順をすればいいのか?をお伝えします。

 

ダイエットしたい、仕事で成果を出したい、お金が欲しいなどやりたいことがあっても

なかなか行動できず、やっても三日坊主だったりします。

 

例えばダイエットしたいと思って、本屋さんにいってダイエット本を買って読む。

よし!実践するぞーーー

今日からランニングだーーー

 

三日後・・・・・

今日は雨だから休憩。

今日は寒いから休憩。

今日は仕事頑張って疲れたから休憩。

この方法は自分にあっていない。

 

人間って不思議でやりたくない理由をあげだすと沢山でてきます(笑)

 

ダイエットの方法は本屋さんにいけば沢山ノウハウがあります。

仕事で成果を出す方法もお金持ちになる方法も。

 

ではなぜ、ダイエットできないの?

 

仕事で成果をだせない

 

お金持ちになれない

 

のでしょうか?

 

それは行動していないからです。

 

または行動できないからです。

 

ある起業家の人が成功の方法を生徒にノウハウを教えても、

行動できない人たちにアンケートをとった結果。

 

その理由は、

・自信がない

・失敗するのが怖い

 

です。

 

ならどうすれば行動できるの?

 

そのためには、行動する前に”自信がない””失敗するのが怖い”などが行動に制限をかけけています。

 

これを解決するのが心理学。

 

人を成長させる心理学なんですね。

 

人間の心は誰でも同じしくみです。

 

例えば車で例えると。

 

行動することがアクセルを踏むことです。

車はアクセルを踏むと動き出し、その後は目的地まで運転します。

 

車を発信させるためには、

 

車を発信させる

 ↑

アクセルを踏む

 ↑

サイドブレーキをおろす

 ↑

ギアをドライブにおれる

 ↑

キーをひねる

 ↑

キーを入れる

 

アクセルを踏む準備が出来ている人は運転できるが。

そこまで準備が出来ていない人は発振できない。

 

人間も同じように準備ができないと行動できません。

心の準備ができないと行動できません。

 

私はサラリーマンをしています。

サラリーマンの私が行動する理由を考えました。

私の行動は上司が考えてくれます。

上司が考えてくれたお題をこなしていればいいだけなのです。

言われたことが出来なければ怒られます。

怒られるだけだといいんですが、ひどい時は給与査定に影響がでる場合もあります。

言われた事以外に、会社をもっと良くしていこうとか思ってもいつも以上にエネルギー

を使うので行動しないことが多いです。

 

サラリーマンの場合、行動しなければならない状態が多いと思っています。

やりたくない仕事でも、行動しなければならない時もあるからです。

 

行動してしまうということは、行動がしたい状態。

つまり、ワクワクしているから行動してしまう状態ということです。

 

では、どうやって行動がしたい状態に持っていくか!?

基本は欲求を成長させること!

行動したいから行動してしまう。

この状態になる必要があります。

 

行動したいも欲求。

ご飯食べたいも欲求。

 

どんな欲求も手順を踏むと行動することが出来ます。

その手順は、

 

行動してしまう

 ↑

自分を認める

 ↑

人とつながる(人との繋がりを感じる) ⇒ 人との関係の中で自分を認める

 ↑

安全・安心を感じる

 

この手順を一つ一つ確認しながら進めていき、習慣にする。

これが大切です。

 

次回は「欲求を満たす」と行動できるか?を書きます。

 

ではでわ~