読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシログ

楽しい事×役に立つ事×健康の事×稼ぐ事

【転職者必見!】転職初日から行う戦略

スポンサーリンク

自分のイメージを相手に植え付けることが重要。

いきなりダメなイメージをもたれると、
それを挽回するのは非常に時間がかかる。
最悪、ダメなイメージを与えたまま会社生活を送ることになる。
そうならない戦術を6点を紹介します。


・最初の挨拶で自分は何者か伝えること
 
 転職する時に面接で、その職場がどのような
 問題を解決するために採用したか聞いておく。

   挨拶のときに、その問題点などを解決してきました。
 みたいなことを軽く言って印象付ける。

  
・お土産を持っていくこと

 気がきく人だなって思ってもらうことが目的。
 お土産は、当たり障りがないものがベスト。
 手が汚れない、好き嫌いがないものがいい。
 こうすることで会話のネタになります。
 

・三ヶ月は朝早く行くこと
 
 私の転職した会社はその部署の偉い人が朝早くから来て
 仕事をしている会社です。
 一般社員は始業時間の15分~30分前に来る。
 そこで早く名前と顔を覚えてもらうため、
 さらに朝早くくる人なんだとイメージつけるために
 3ヵ月は一般社員が来るよりも早く出社しよう。
 一番早く出社する管理職と一番早く出社する一般社員の
 間の時間に出社するようにしよう。

 歓迎会などでお酒を飲んで酔っ払ってもしっかり朝同じ時間
 に出社する。
 こうすることで、あいつはお酒を飲んでも遅刻しないで、
 会社に来る人だとイメージつけられる。

 3ヵ月これを続ければ、悪いイメージをもつ人はいなくなる。

 もし、寝坊して遅刻しても、病気をして連絡が遅れても、
 心配してもらえる。
 
 寝坊するなんて珍しいね。
 体調大丈夫?
 なんて心配までされてします。

 これがいつも始業時間にギリギリにきていたらそうはならない。
 いつもギリギリなら遅刻するよね。って思われる可能性もある。


・上司と同僚に気をつかい仲間として認めてもらう

 最初は仕事を与えられる立場からスタート。
 何でも引き受けてドンドン仕事していく。
 この時、しっかり報告を忘れないこと。
 どうしても出来ない場合は早めに報告すること。
 期限がきて仕事ができてないことのほうが問題になる。
 報告を利用してこまめに部内の人と接触するよう心がける。
 心理学で言うザイオンス効果です。

 

徹底図解 社会心理学―歴史に残る心理学実験から現代の学際的研究まで

徹底図解 社会心理学―歴史に残る心理学実験から現代の学際的研究まで

 

 

・所属している部門の弱点を把握して自分の強みを活かす

 与えられた仕事をこなしていく上で重要なのが、
 所属する組織に仕事の流れを把握すること。
 ドンドン仕事していくのは仕事の流れをしり、
 誰がどんな仕事が苦手なのかを把握するため。
 それが把握できたら自分が得意で相手が苦手な
 仕事を自分から率先してする。

・その場を仕切っている人を把握して、仲良くする

 どこの職場にも勤続年数が長いが管理職じゃない人がいる。
 実際、影で職場をしきっているような人。
 この人が誰なのかを早く把握して、仲良くなる。
 転職して何も分からないときに、しっかり気に入られるように、
 その人のアドバイスを聞いて仕事を覚えよう。
 嫌われると何も教えてくれなくなり、仕事もうまくいかなくなる可能性がある。


転職してから3ヵ月間で職場での自分の地位を確立していくと、
今後の会社生活が楽になります。