読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシログ

楽しい事×役に立つ事×健康の事×稼ぐ事

Excel資料を提出するときに気をつけたい3つのこと

日記 Excel

スポンサーリンク

新入社員の時に上司からよく言われたエクセルの資料を

提出するときに気をつけたいことです。

これだけ気を付けていれば内容以外で文句は言われません。

 スポンサーリンク

 

 

 ポイントは3つです。

・セルの位置はA1にしておく

・印刷設定をしておく

・最後のセルの設定おしておく

 

セルの位置はA1に設定しておく

下の図のように提出するときはセルA1をアクティブしてください。

作成して提出した資料を上司が開いたとき、

保存したところが最初ではなく最後の方を表示していると見ずらいからです。

さらに上司は資料の最初に戻る操作をしなければなりません。

そんなことで上司にいちいち言われるのはいやです。

保存するときはA1をアクティブにするを習慣かしてください。

 

 

印刷設定をしておく

excelで印刷するとき意外と文字が印刷範囲をオーバーして1枚だったと思っていたら、

2枚印刷されることがあります。

しっかり印刷プレビューを確認しましょう。

 

最後のセルをチェックしておく

資料をつくったけど保存したら容量がおおいときありませんか?

重たいファイルを添付して送るとメール容量がすぐにいっぱいになったり。

送れない場合があります。

画像の容量が大きいことがありますが、データだけなにに重たい時は、

最後のセルをチェックしてください。

最後のセルをチェックする方法は、

①F5キーを押してください

 下の図の画面が表示されます。

 画面左下のセル選択をクリックしてください。

②最後のセルにチェックを入れて、OKをクリックしてください。

 

最初A1が選択されていたセルが、

これを実行するとE15が選択されます。

E15が最後のセルになります。

 

A1が選択されている場合

 

最後のセルを検索する機能を実行するとE15が選択される

 

この場合は表の最後のE15が選択されているのでよいのですが。

これがFC15などまったく違ったところに選択されている場合は、

そこまでがデータだと判断してしまいデータ容量が大きくなります。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク