読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシログ

楽しい事×役に立つ事×健康の事×稼ぐ事

意外に知られていないお得な行政サービス15選

日記

スポンサーリンク

行政サービスは自分で調べないと利用することができません。

調べてみるとお得な行政サービスが見る仮ます。補助金など合法的にもらえるお金を15個紹介します。

 スポンサーリンク

 

家賃補助制度

新婚家庭限定の制度です。

自治体によって違いがありますが、結婚して賃貸住宅を選択する場合は調べておいて損はしません。

もし制度があったら使わないと損をしますよ。

都市名+家賃補助のキーワードでグーグル先生に聞いてみてください。

 

太陽光発電システム導入補助金

太陽光発電の補助金です。数年前がブームだったので補助金制度も少なくなりました。しかしまだもらえる自治体はあります。

これもグーグル先生に聞いてみてください。

太陽光発電システム補助金+都市名。

 

屋上緑化等助成制度

日曜夜の鉄腕DASHで最近屋上緑化にチャレンジしていますね。

都市部の温暖化が問題になっています。

都市部はアスファルトで覆われていますので温度が高くなります。

この制度を利用すると屋上やベランダに緑を植えた場合、工事費の一部が補助されます。

 

高年齢再就職給付金

60歳定年だった時代から60歳になっても再就職して働かないと年金がもらえない時代になりました。

再就職したがいいけど退職前と比べて給与が減った時助けてくれる給付金です。

退職前と比べて75%未満に下がった場合が条件となります。

もし医療費が高額になるとわかっている時は、事前に限度額認定証をもらっておくと、退院時の時に限度かくの精算になります。

 

高年齢雇用継続基本給付金

定年してそれ以降も同じ会社で働く場合に給付できます。

条件は退職前と比べて75%未満に下がった人です。

 

老人保健

75歳以上ならだれでも役場に届けることで、通院・入院の時にかかる医療費を軽減できる制度です。

 

加給年金

老齢厚生年金を受け取ることのできる人で、65歳未満の妻あるいは両親のいない18歳未満の子を養っている場合が対象となります。

 

高額医療費

同じ月に利用した同じ医療機関に医療費として支払った金額が、規定の限度額を超えた場合に申請できます。

もし入院などに高額になると予想される場合は、事前に限度額認定証を加入している保険組合に申請します。

入院時に病院に提出しておくと、退院の時に限度額で精算してくれます。

これは毎年使ってます。

退院時に計算してくれるので助かっています。

 

療養給付

仕事中や通勤中に病気やけがをした場合に、労災病院での治療を行うことで労災保険からお金がもらえる制度です。

労災病院でなくても労災から指定している病院であればOKです。

近くにこの病院があれば無料で治療を受けることもできるぞ!

労災病院以外は、その後に受け取ることになります。

 

休業給付

通勤中、仕事中に病気やけがをして、会社を欠勤する場合給与の変わりにもらえる給付金です。

この給付金は月給の8割です。

が、税金がかからないので手取りと変わらないかもしれませんね。

条件が欠勤なので有給だと盛られない場合があるかもしれませんね。

 

傷病手当金

加入している健康保険に加入している本人が、3日以上病気やけがで欠勤した場合にお金がもらえます。

 

葬式費(埋葬料)給付金制度

国民結構保険の被保険者がなくなった場合、葬祭費が支給されます。支給額は1万~7万円くらいです。

社会保険の被保険者がなくなったときは埋葬料が支給されます。

給付は一律5間年。組合によっては埋葬附加金として埋葬料とは別に数万円が別途支給されることもあるそうです。

 

チャイルドシート購入補助金

自治体が一部の購入費用を助成する制度です。自治体によってはチャイルドシートのレンタルを行うところもあります。

 

住宅リフォーム支援制度

リフォームする場合、状況や内容によっては支援が受けられる可能性があります。各自治体によって異なりますので住んでいる自治体へ問い合わせしてみてください。

シングルマザーの移住促進支援制度

北海道上砂川町でシングルマザー向けの就業体験つきのシェアハウスを開設。

賃料は3万円と支援する制度もあります。

 

普段利用することが少ない行政サービスですが、調べればまだまだいろんな制度が存在しそうですね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク