読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシログ

楽しい事×役に立つ事×健康の事×稼ぐ事

転職時に気をつけたいお金のこと

スポンサーリンク

新卒で入社した会社を5年で退職しました。

新しい会社にはいってお金のことで手続きが大変で苦労しました。

私が苦労しことをまとめました。

 

企業型401K(確定拠出年金)の手続き!!時間制限がありました。

住民税の支払い通知が突然家に送られてきました。

いつも給与天引きで、月々数万円だったのでよかったのですが、

実際に支払い通知が届くと金額がリアルで、タカって思います。

 

企業型401Kを個人型401Kに移動

転職前の会社が企業型401Kを導入していました。

新卒で入社したときから年金は企業型401Kでした。

転職先が企業型401Kを導入していなかったので、

個人型401Kを探して手続きをしました。

 

企業型401Kのお金は転職しても貰うには条件が必要

 ・口座残高を1万5千円以下なら誰でも受け取れます。

 ・加入期間が3年以下の場合

 ・口座残高が50万円以下の場合

など一定の条件を満たしていることが条件になります。

 

詳しいことは加入していた運営管理期間へ確認してください。

 

住民税を特別徴収にする

転職したら忘れたことに自分が住んでいる市区町村から住民税を払ってと振込み用紙が郵送されてきます。

それも一括又は4分割(3ヵ月ごと)に収めてねってきます。

住民税って給与から引かれて当たり前だって思っていたのでビックリしました。

結果はその振込み用紙を総務にもっていって依頼すると給与天引きになります。

 

なぜ給与天引きにならないの?

住民税は普通徴収と特別徴収の2つがあります。

新卒で入社した場合、会社で特別徴収になっているので、

なにも考えてなくても住民税は給与から引かれているのが当たり前になります。

自分の市区町村に会社から特別徴収にする手続きをしないと特別徴収になりません。

会社を退職した場合、新しい会社で給与天引きにしたい場合は新しい会社に入社時に伝えましょう

 

#転職